復縁 おまじない 新聞紙 効果

成功者続出!新聞紙を使った復縁のおまじないに効果はある?

昔からある「復縁のおまじない」のひとつに、
新聞紙を使ったものがあります。

 

口コミなどでも「復縁効果」は高く、
やり方も簡単なことからとても人気のあるおまじないなのです。

 

別れた恋人とやり直したい、元彼から連絡がほしいなど、
「復縁」を望む人にはぜひ試してみてほしいと思います。

 

用意するものは、新聞紙、赤色のペン、ライターの3つです。
では、やり方の説明です。

 

新聞紙を使った復縁のおまじないのやり方

まず、新聞紙を10cm四方の大きさに切ります。
その新聞紙に、復縁したい相手の名前を赤色のペンで大きく書きます。

 

その新聞紙を折り畳み、普段身に付けているもの
(財布やバッグなど)に入れておきます。

 

そのまま2日間、持ち歩いてください。
3日目になったら新聞紙を取りだし、燃やします。

 

そのときに出た灰を手のひらに乗せ、
笑顔で見つめながら「愛しい人、また、またね」と呼び掛け、
ふっと息を吹きかけます。

 

これでおまじないは完了です。

 

このおまじないの効力は、約2年と言われています。
2年間は彼からの連絡を待ちましょう。

 

これはどのおまじないにも言えることですが、
自分から彼に連絡をとってはいけません。

 

せっかくのおまじないの効果も半減してしまいます。

 

ただ待つだけなのはもどかしいですが、
自分磨きに励みながら待ちましょう。

 

この新聞紙を使った復縁のおまじないは
上記のやり方でも十分な効果が見込めますが、

 

更に効果を高めたいのなら

 

  • 復縁したい相手の誕生日の新聞紙を使う
  • 鏡文字で名前を書く
  • ぴったり72時間後に燃やす

 

と良いそうです。少しでも疑いの心があると、
おまじないはうまくいきません。

 

信じる気持ちを忘れずに、彼からの連絡を待ちましょうね。

 

次のページでは、強力な復縁のおなじないの効果を上げるやり方をご紹介します。